禁煙と禁煙研究会と髪について

禁煙研究会と称して活動をする団体はありますが、その中には子どもを守るために団体もあります。禁煙研究会というと、タバコをやめられない人の集まりで禁煙を頑張るイメージもあります。ですが禁煙研究会には、将来を担う子どもを守るために、設立されて活動をする団体もあるわけです。子供の未来は、まだまだ未知の可能性を秘めていますから、タバコの煙の外などで、健康を害さないような環境は大切なものです。

タバコをやめられない人は、髪の毛のことも考えてみるのもいいでしょう。喫煙自体が、百害あって一利なしとも言われるものですが、それは当否の問題にも無関係とは言えません。毎日のようにタバコを吸う習慣があるなら、尚更のこと、将来的な髪の毛のことも向き合ったほうが用でしょう。タバコを吸うとニコチンが体の中に入って、それが血管を収縮させてしまいます。全身への栄養や酸素と言うのは、血液によって運ばれます。ですから血液の流れが悪くなれば、頭皮にも十分な栄養は行き渡らなくなります。

髪の毛の未来を考えてみても、禁煙は早いに越したことはありません。血行が悪くなって新陳代謝も低下し、酸素不足になれば動作自体も大変になってきます。生命維持に必要なことに、栄養や酸素は優先的に使われます。頭皮や髪の毛は後回しですから、タバコをやめないままだと、栄養はずっと行き渡らないままです。栄養も酸素も足りないとなれば、抜け毛や薄毛が加速してもおかしな話ではありません。しかも白髪も増えてきます。薄毛対策の第一歩は、禁煙を実行することです。その上で睡眠をとり食事から栄養も摂取するという、王道の規則正しい生活習慣を地道に行っていくことが大事なことです。

ページトップへ