換気扇でタバコを吸う女性は禁煙を検討するのも良い

一般的な賃貸物件では、タバコを吸う住人にとって決して優しい環境とはいえません。
タバコを吸えば当然壁紙が黄色く変色したり、くさいにおいがついてしまって、マイナス査定を受けることがあります。
こうしたタバコのにおいは吸わない一般人からすれば大変不快なものですし、賃貸としての価値も下がってしまうので当然原状回復のための費用を負担する必要があります。
中には換気扇の近くでタバコをこっそりと吸っている女性もいらっしゃるでしょう。
確かに部屋の中で吸うよりは換気扇の方が煙を外に出してくれる力は強いのですが、全ての煙が吐き出されるわけではありません。
換気扇の性能によっても部屋の中に滞留している時間が長ければ長いほど、壁紙に対してダメージも深刻に受けてしまうのです。
1度不着してしまった汚れやにおいはなかなか取れず、専門的な業者に依頼をしたり、壁紙交換する必要も出てきます。
なるべく余計なお金をかけたくない女性はこの機会に禁煙をする、という王道の方法もありますからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
とくに、女性は結婚をしたり、子供を宿したりすれば、自分だけの体ではなくなるのです。
母体から子供に受けるタバコのデメリットは語るまでもありません。
さまざまなリスクを抱えてしまうよりも安心できる環境で暮らしたい、という思いが少しでもあるのなら禁煙してみることをおすすめします。
禁煙をするといってもそう簡単にできるものではありませんが、禁煙外来を利用すれば保険治療で金銭的な面での負担を減らすことにもつながるのです。
どういった場所かわらかずともインターネットで検索をすればお住まいの禁煙外来を見つけることができますから、興味のある方はチェックしましょう。

ページトップへ